動画サイトにて記者会見や展示会を行う

現在動画配信サイトにて新しい取り組みとして記者会見や展示会と言った人が集まることで開催できるイベントを行おうという取り組みがあります。このようなサービスの利用法が生まれた背景ですが、一つは会場が展示会や記者会見といったニーズにこたえることが出来ないという問題から生まれたのです。なぜ、会場側がニーズにこたえることが出来ないのかですが、一つは、会場が利用者の記者会見をすることを拒んだり、記者の方を収容できないからです。

まず、記者会見を行う場合、場所を提供する側は利点としては、有名人である場合、会場として指名された訳ですから会見を行うものが有名であればあるほど、会場の宣伝になります。ですが、それと同時にマイナスイメージも会場についてしまうため、芸能人などが宿泊しているホテルなどで記者会見を行うということは少なくなり、事務所が抑えた会場で記者会見を行うのです。

そして2つ目の問題は広さで会場が狭い場合展示会及び記者会見にはとても不向きであるという問題です。特に展示会においては実際にお客を導入した場合、展示物をじっくりと見ている余裕があるかと言う問題の他、火災が発生した場合、果たして全員を無事に非難させることが出来るのかと言う問題があるのです。全員を広さが無ければ自由に動くことが出来ず、展示物を閲覧したり、商談タイプの展示会の場合においても果たして商社の方とじっくりと皆が話し合えるかと言う問題が生まれるのです。

ここで動画配信サイトの登場となり、動画配信サイトであれば、記者会見を動画上で開催し場所の確保に関係なく会見を開くことが可能でネットのチャット機能や文章を動画内に残す機能を利用することで誰でも記者会見に対して質問をすることも可能です。また、展示会で会場を使用する場合も同様に動画配信サイトを利用することで小さな海上であっても展示物を閲覧できるようにすることが可能で、興味を持った展示物については動画配信サイトからリンクなどを張ることで展示物の売買サイトへと誘導することも可能です。

このように、場所を必要とする記者会見や展示会、美術館などは動画サイトにて代用することが可能で利点は、即席で会場を作り上げ、動画サイトにて動画をアップすることで第3者に閲覧してもらえば、動画をアップまたは生放送にてアップロードしているものに対し、利益となる訳です。ただ、オンライン上で動画配信と言う手法で配信する性質上、本来の記者会見や展示会のように自由に質問したり閲覧することは難しいですが、そこについては動画配信サイトと利用者の知恵次第で解決できるので要は動画配信サイトの扱い方次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする